ウィリアム・エリス氏

ウィリアム・エリス氏は1957年リバプールに生まれました。エリス氏はインターナショナルコンテンポラリージャズシーンの重要な場面を記録したと評価されています。

エリス氏は2005年にAmerican Jazz MuseumでInaugural International Exhibitionのプロデュースを依頼されました。彼のプロデュースは文化に貢献したと認められ、2008年にJazz in Black and White—Bebop and Beyond exhibit を同じ場所で開催しました。

彼の作品は国際的なフェスティバル、Royal Academy of Artsなどイギリスのギャラリー、世界中のギャラリーなどで発表されています。Smithsonian Institution (アメリカ) が主導しているJAM (Jazz Appreciation Month) アウトリーチプログラムに彼の作品が使用されたり、ロンドンのThe National Portrait Gallery London) やプライベートコレクションなどでも作品が展示されています。現在も世界中の有名なクラブやフェスティバルで撮影を続けています。

アーティストのパフォーマンス、印象に残るイメージを映し出している洞察力にあふれたポートレイトはミュージックシーンのビジュアルヘリテージを創造する役割を担っています。彼の最新のプロジェクトはニューヨークのThe ARChive of Contemporary Musicの重要なThe One LP Projectです。

Time Out New York は、このようなエキシビションはなかなか観ることができないと評価しています。

[sc name="William Ellis bio Japanese"]