トム・マーリー氏

トム・マーリー氏はポートレイト、シアター、ファッション、広告、新聞、雑誌などで活躍し、受賞歴のある写真家です。新聞の仕事を完璧にこなし、ロンドンの最初のサンデーマガジン、The Sunday Times Colour Magazineの責任者になりました。その後、写真家のヘルムート・ニュートン氏、スノードン伯爵と写真家として活動しました。

25歳の時、ロイヤルファミリーの仕事の依頼を受けました。名誉のある仕事を受けた最年少の写真家となり、エリザベス・テーラー、アンジェリカ・ヒューストン、ダフティン・ホフマン、ヴィスコンティ、ジョン・シュレシンジャー、アルマーニ、ラルフ・ローレンなどの有名な人物を撮影してきました。

彼は仕事で成功を収めたので、多くの機関に寄付を行っています。マーリー氏はMake a Wish Foundation、Project Angel Food、Friends in Need、Cancer Care、Help the Hospice、Help for Hero’sなどの数多くの社会貢献を行なっています。そのほかには2百50万ドルのマーリー氏の写真の寄付、グループショーでは6百万ドル以上の寄付を集めました。マーリー氏は32件のチャリティーに貢献しました。彼の写真はチャリティーで高いビッドを取っています。

[sc name="Tom Murray Bio Japanese"]