マリアン・ビルハム

マリアン・ビルハム・ナイト氏はニュージーランド、オークランド出身のフォトグラファー兼ディレクター。35年のキャリアと受賞歴があります。

1980年代半ばに香港に移り、アジアの大手広告企業と音楽関係の企業のために写真を使ったキャンペーンをプロデュースしました。1990年代半ばにロサンゼルスに移り、ロックフォトグラファーの夫、ロバート・M・ナイト氏とともにビジネスを立ち上げました。

現在はラスベガスを拠点に、Visionaire Studioと共同でビジネスをしています。 広告キャンペーン、アーティストのビデオ撮影のプロデュースをエンターテイメント企業、ミュージシャンのために行なっています。カルロス・サンタナ、ジャーニー、デフ・レパードなどを撮影しています。

ビルハム氏初の映画、幻視芸術家、作家で超能力者のインゴ・スワンについてのドキュメンタリー“Ingo Swann -A Life Gone Wild.”は2017年、ニューヨークでのPhilip K Dickフェスティバルでベストバイオロジー賞を獲得しました。

[sc name="Maryanne Bilham Bio Japanese"]